<初めて教会に来られる方へ>

 
教会の日曜礼拝には、どなたでもご出席して頂けます。ご見学もOKです。
           
尼崎バプテスト教会は、神を求めるすべての人に開かれたキリスト教会です。
         
ぜひお気軽にお立ち寄りください。
        
道順がわからない時は、事前にお電話頂ければ、ご案内できます。
       
駐車場も十分にありますので、お車でお越し頂いても大丈夫です。
        
わからないこと、不安なことがあれば、遠慮なくお問い合わせください。
             
         
               
          
< 礼拝にお越し頂くに際して >
           
[ 服 装 ]  服装は普段着でお越し頂けます。
        
[ 持ち物 ]  初めての方は、手ぶらでお越しください。
                 
[ 週 報 ] 教会玄関で週報をお受け取り下さい。式順が掲載されています。
          
[ 聖書・讃美歌 ] 教会に備え付けをご利用頂けます。
           (新共同訳聖書・新生讃美歌)
                                       
[ 献 金 ]  献金は自由です。献金皿を隣に回すか、お気持ちで十分です。
             
[ 子どもたち ] 子どもたちも一緒の礼拝や母子室もあります。
                           
[ お手洗い ] 男女トイレは、教会玄関入ってすぐ右側にあります。
                                  
[ 携帯電話 ] 礼拝中は電源を切るかマナーモードにご協力ください。
                                                 
[ 休 憩 ]  コーヒーとお茶を用意しています。
               いつでもセルフサービスでどうぞ。
                                
                               
                     
< お子さま向きの礼拝プログラム >
                                 
第一ファミリー礼拝は子どもと一緒に集う、子ども中心の礼拝スタイルです。
                                            
(歓迎・オープニングソング・子ども賛美・聖書のお話・献金・主の祈りなど)
 
 
第二主日礼拝には子どもケアがあります。
                                     
礼拝堂後方や母子室で礼拝をお子さまと一緒に出席することもできます。
                            
第二礼拝後はたのしい子どもイベントがあります。
                                 
* 餅つき・チョコ作り・エッグハント・宝探し・プール・仮装大会・運動会・クリスマス会
                                     
* 母の日・父の日・敬老の日のプレゼント作り、警察と消防署を訪問(花の日)
                
子どもを祝福する教会の式典を、行っています。
                  
* 献児式 信仰者である両親が与えられた新生児を感謝する式です。
      
* 乳児祝福式 毎年5月に0~18か月の乳児とご家族を対象に行います。
               
* 子ども祝福式 毎年11月に12歳以下の子供たちを対象に行います。
                     
  
子育てについての相談やカウンセリングは牧師までお申し出下さい。
          
                   
< 礼拝用語の説明 >
              
     
歓迎タイム 教会に共に集われたすべての人は、礼拝の家族です。
                   
      お互いを歓迎する時があります。周りの方々と挨拶と握手の時です。
                   
     「おはようございます」 「はじめまして」と、ご挨拶ください。
                      
主の祈り  「こどもと大人の主の祈り」をお祈りします。
       
       週報に印刷されている祈りの言葉をご覧ください。
       
バイリンガル賛美 日本語と英語(他言語)での賛美があります。
       
静賛(せいさん) 「静まって心で賛美する」という意味です。
         
    讃美歌が流れる中で、静まり、黙想し、祈り、自由に心で歌う時です。
              
説 教  聖書を基にしたお話があります。メッセージや宣教とも呼ばれます。
                     
祝 祷   礼拝の終わりは、派遣の言葉と祝福の祈りで締めくくられます。
               
バプテスマ 全身を水に浸す形で行われる信仰告白の礼典です。
                
     (一般に多くのキリスト教会で、「洗礼」と呼ばれいます。)
       
主の晩餐 パンと葡萄汁を用いて、キリストの十字架の救いを覚える礼典です。
               
   (一般にプロテスタント教会では「聖餐式」とも呼ばれています。)
                    
   当教会では、洗礼・バプテスマを受けたキリスト者を対象に行います。
                     
礼 典 「バプテスマ」と「主の晩餐」をキリストが定めた礼典としています。
               
            
               
         
 
< バプテスト教会について >
1517年のドイツ宗教改革以来、プロテスタント教会はヨーロッパ諸国に拡大し、17世紀には英国国教会から分離した会衆派プロテスタント信仰者の群れとして、バプテスト教会が誕生しました。
    
米国南部バプテスト連盟による日本宣教の中から、1893年に最初の教会が設立され、1903年に日本浸礼派西部部会が発足しました。1941年から日本基督教団時代を経て、1947年に16教会から日本バプテスト連盟が誕生しました。2016年11月現在284教会・39伝道所によって構成されています。
      
バプテスト教会の特徴は、以下の7項目(B.A.P.T.I.S.T)です。

 

Bible Only                    

                      聖書のみに信仰の基準を置いています

 

All to Christ                                  

                      すべての中心はキリストです

 

Priesthood of Believer              

                      信仰者は宣教と奉仕に等しく加わります

 

Total Immersion with Confession of Faith   

                      信仰告白を伴う浸礼を行います

 

Independent and Congregational      

                      各個教会は独立した会衆主義の教会です

 

Separation of Church and State         

                      教会と政治の明確な分離を主張しています

 

Testifying Community           

                      キリストと信仰を証しする共同体です

      

     

 
< こどもと大人の主の祈り >
       
尼崎バプテスト教会では、独自の翻訳の「主の祈り」を用いています。
        
私たちの天のお父さん
あなたのお名前が 聖く尊ばれますように
神さまの国が来ますように
神さまに喜ばれることが 天でも地でも 行われますように
生きるために必要な糧を 今日も与えて下さい
私たちの過ちを赦して下さい、私たちも人の過ちを赦します
耐えられない試練に遭わせないで 悪の誘惑から救って下さい
国と力と栄光はあなたのもの すべてのものは永遠にあなたのものです
アーメン