ホームページのご訪問、ありがとうございます
尼崎バプテスト教会を紹介します
1.歴史と教会堂
尼崎バプテスト教会は、1955年に始まった開拓伝道の実として、1964年に教会組織し歩みを始めました。兵庫県尼崎市宮内町3丁目、阪神電車出屋敷駅から北西に徒歩5分のところにある日本バプテスト連盟に加盟するプロテスタント教会です。教会堂は築50年、レトロな雰囲気の礼拝堂です。サイドルームは改築され、母子室とトイレは2010年にリフォームしました。2014年6月に設立50周年を祝いました。
 
2.礼拝
現在、礼拝には大人と子供を合わせて月平均16~17名が集っています。赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで、求道者も信仰者も共に集える礼拝を目指しています。初めて教会に来られる方々を大切にする教会でありたいと願っています。 
礼拝の基本スタイルは、礼拝と救いにおける神の主体と私たちの応答を軸に、
Welcome(歓迎)・Worship(賛美)・Word(み言葉)の3本柱で、
招き」に始まり「派遣」に終わる礼拝形式で行っています。
 
 2016年度から2部礼拝を始めています。10時半からの第一ファミリー礼拝は、大人も子供も一緒に集う礼拝を持っています。お話しや賛美は子どもに合わせて、親子で来れる教会や礼拝を目指しています。11時半からの第二主日礼拝は、ワーシップソングや讃美歌からの曲を歌い、聖書メッセージに続くシンプルな礼拝です。
 
3.教会
教会は、牧師だけではなく教会に集う者が一緒に教会を形成していくビジョンをもっています。手と手を取り合う交わり仲間、教会という絆によって結ばれた共同体、キリストにあるいのちを育む家族であることを目指しています。 
教会は、これまでの伝統や経験を横に置いて、新しい教会の形成に向けて前進しています。現在は、小さく弱い教会です。あれもこれも出来る訳ではありません。しかし、次世代のために、この地域のために、今、強い気持ちをもって、現代の霊的ニーズに答えるキリスト教会として歩もうとしています。
  
 
4.願い
尼崎バプテスト教会のためにお祈り下さい。皆様の応援をよろしくお願いします。 
ぜひ一度、日曜礼拝にお越し下さい。ご旅行の途中に、また見学にお立ち寄り下さい。 
小さい教会を支えて下さる方々、主が教会を助けるように遣わして下さる方々、教会に導かれている方々のためにお祈りしています。
 
< 教会の歴史 >
1955年11月  甲子園教会(現在:浜甲子園教会)による尼崎伝道の中から「尼崎バプテスト伝道所」として始められました。
1955年~56年  住田令緒牧師とRCシェラー宣教師、そして黒田正道牧師に引き継がれ、現在地を購入して仮会堂が建設されました。
1957~59年  植木基介牧師着任(~1968年)、牧師館建設
1962年      豊中伝道所開設、会堂建築開始
1964年      付属めぐみ幼稚舎開設、教会組織、日本バプテスト連盟加盟
1965年      豊中伝道所と共同墓地購入
1969年      深澤守牧師着任(~1974年)
1974-75年  豊中伝道所が教会組織、外崎孝一牧師着任(~1989)
1979年      めぐみ幼稚舎閉園
1991年      権藤隆牧師着任(~1996年)
1993年      教会サイドルーム改築
1998年      松原宏樹牧師着任(~2001年)、牧師館新築
2002年      井関康夫牧師着任(~2004年)
2010年      谷綛安雄牧師着任(~現在)、トイレ・母子室改装
2014年      教会組織50周年記念式典(コンサート・感謝祝会)
             
       
< 教会墓地 >
豊中バプテスト教会と共同墓地が豊中市熊野町にあります。
毎年イースターの午後、合同墓前礼拝を持っています。
        
      
      
 教会員の約束 >

       

【 教会・約束 】

私たちは神の恵みによって、イエス・キリストを主と信じ、バプテスマをうけて、主の教会に加えられました。神が集め加えて下さった教会の一員として、礼拝に出席し、互いに祈り支え合い、教会形成と宣教の業に加わり、定められた献金をもって教会を支えます。

       

【 礼拝・礼典 】

私たちは、神の主体と人の応答という関係の中で、「招かれ派遣される礼拝」を行います。私たちは、キリストの救いを示す2つの礼典、すなわち信仰告白を伴う「バプテスマ」と信仰告白を新たにする「主の晩餐」を守ります。

        

【 個人・家族・生活 】

私たちは、み言葉と祈りの生活を通して、主に喜ばれる人格と霊性が建て上げられるように努めます。私たちは、主から与えられた子どもたちを教育し、共に主を礼拝する家族へと導きます。私たちは、この世に遣わされた者として主の証し人となり、秩序ある社会生活を送り、家族や友人、隣人を礼拝に招くことを大切にします。